建築士の資格の種類によって設計・工事監理ができる領域が異なります。

建築士山中新太郎に関するサイトのヘッダー画像

建築士という資格がある

 

一級建築士が書いた設計図

単なる建築業界で働く場合と異なり、建築物を設計し、もしくは工事管理を行う“建築家”を名乗るためには国家資格を取得する必要があります。

 

国家資格には「一級建築士」「二級建築士」「木造建築士」の3種類が存在し、それぞれ業界において管轄できる領域が異なります。

 

 

二級建築士

 

「二級建築士」は最大延べ床面積1,000平方メートル以下の建物における設計や管轄を行える資格で、主に取り扱うことができるのは“住宅”規模の建築物になります。

 

人々の暮らしやライフスタイルに寄り添いたい建築家志望者は、まず二級建築士を目指します。

 

 

一級建築士

 

一級建築士が設計したオリンピック会場

「一級建築士」は二級建築士のような建築物における取り扱いの制限がなく、規模や構造形式、材料まで自由に建築に用いる事ができます。

 

その有効範囲は住宅からオリンピック施設まで幅広い建設に携わる事が許される資格になります。

 

日本を代表する隈研吾氏や安藤忠雄氏も一級建築士です。

 

 

木造建築士

 

「木造建築士」とは、2階建以下の延べ床面積300平方メートル以下の物件を扱うことのできる建築士です。
二級建築士との違いは先述の制限のみで、仕事内容に大きな違いはありません。

 

また、一級建築士や二級建築士と比べ“木造建築”への造詣は深く、インテリアや家具設計も行う業務領域の広さが魅力の資格になります。

 

 

建築士になるためのキャリアパス

 

最近の傾向としては、住宅を専門に取り扱う建築士を希望する場合でも、最終的には一級建築士を目指して勉強を進める初学者が多い傾向にあります。
一級建築士になるためには「4年制大学」「短大」「専門学校」「建築学科・土木学科のある高校」などの学校への進学が有効的になるでしょう。

 

 

一級建築士になる場合

 

一級建築士になる場合は“土木学科”もしくは“建築学科”のどちらを選択したか、また大学、短大、専門学校、建築学科・土木学科のある高校を選択したかによって、必要になる実務経験年数が異なります

 

仮に最短の道で一級建築士を目指す場合は、いずれかの学科で“4年制の大学を出て実務経験を2年以上積む”という手段が良しとされています。
大卒者でも多くの場合、建築設計事務所や建設会社で経験を積みながら受験資格を満たすために勉強をする形になるでしょう。

 

 

二級建築士から目指す場合

 

仮に学生時代に全く関係のない学部、もしくは最終学歴が普通科の高卒程度でも建築士になることは可能です。
その場合、受験資格を満たすために最低7年以上の実務経験を経て、二級建築士の受験資格を得る必要があります。

 

その後、二級建築士として4年以上の実務経験を得る事ができれば、一級建築士への受験資格を得る事ができるようになっています。

 

 

資格さえあれば建築士になれる

 

木造建築士が設計した家

建築士を名乗るためには国家資格を取得する必要があります。
しかし受験資格を得るために必須の学歴はありません

 

もし建築士の夢が芽生えたのならば、まずは実務経験を積めるチャンスを探すことから始めてみてはいかがでしょうか。

 

世界の著名な建築家を知って夢を膨らまそう!